× ホーム 会社案内 サービス&事業内容 社員教育 インターンシップ お問い合わせ

スキルシート自分のスキルを示すドキュメントを編集する

スキルシート自分のスキルを示すドキュメントを編集する

12/4/20

日本のITで働きたい人は、スキルシートを提出する必要があります。日本語では、履命書(いれいちしょ)を用意する必要があります。ミャンマーから日本のテクノロジー企業に応募する場合、通常はCVが必要になります。自分のスキルを示すために、スキルシートを
求められることがよくあります。この記事では、ミャンマーの若者向けのスキルシートを作成する方法について説明します。

(1)何を書く必要がありますか?

スキルシートには通常、次のものが含まれている必要があります。

・氏名

・性別

・生年月日(年齢)

・郵便番

・住所

・携帯

・電話番号

・メール

・学歴

・職歴

・資格

・自己PR

・本人の希望( 給料、 仕事の種類、 勤務時間、 所要時間)

・賞

基本的に等を書く必要があります。

(2)スキルシートテンプレート

スキルシートはさまざまな方法で作成できますが、ITプロフェッショナルとして得意なことを垣間見ることが重要です。

(3)書く際に特に注意すること

・簡潔でわかりやすい方法で書く必要があります。不必要に長い文章を書かないでください。

・テクノロジーの詳細を可能な限り含める必要があります。

・必要な技術証明書を、最新の証明書を受け取った順に入力します。

・以前に行ったプロジェクトを書き留めるときは、最新のプロジェクトを上から順に入力することをお勧めします。

・スペルを間違えないように注意してください。

・不安を感じないように、スキルシートを読まないでください。見苦しいものを含めないように特別な注意を払う必要があります。

・ブリストック会社のIT技術者としての仕事に応募する場合は、次のリンクから会社のスキルシートフォームをダウンロード出来ます。

経歴書_Sample

 

宜しくお願い致します。

ブリストックチーム