日本でITジョブビザを申請するには何が必要ですか?

日本でITジョブビザを申請するには何が必要ですか?

12/4/20

IT業務のビザを申請するには、まずミャンマーのミャンマーにあるIT会社でオンラインで申請する必要があります。まず、ミャンマーの日本企業に就職する必要があります。多くの日本企業が採用を検討しており、自社採用者が来日すると保険や特典が提供されます。
彼らは年金などの余波にも責任があるので、将来の雇用主は、日本で働くときの問題を最小限に抑えるために、将来の雇用主の性格を一定期間監視することがよくあります。ミャンマー大使館でビザを申請する前に、順調と思われる方は、日本での居住証明書(COE)
を申請する必要があります。

COEを申請するには、ミャンマーからどのような書類を送る必要がありますか?

以下は、COEの申請に必要な書類のリストです。

(1)白地で撮影した写真(3×4×)

(2)パスポート(パスポートタイプは訪問タイプに適しています)

(3)COEアプリケーションに情報を入力します。(アプリケーションをダウンロードする)

(4)日本語能力証明書(技術文書を読むには少なくともN2パスが必要です。N1が望ましいです)

(5)大学卒業証明書(コンピュータサイエンス大学付属の工科大学の学位を取得すると便利です)

(6)IT技能証明書(Java、PHP、Python、Oracleなど)

(7)スキルシート

(8)あなたのCV

上記の書類を雇用主に送付し、COEを申請する必要があります。 COEを申請すると、最短1か月から最長3か月に延長されます。下の画像は、日本の居住証明書(COE)を示しています。

COEを取得したら、3か月以内にミャンマーの日本大使館でビザを申請する必要があります。

ミャンマーの日本大使館に入るにはどのような情報が必要ですか?

ミャンマーの日本大使館でビザを申請する際には、以下の情報が必要です。

(1)ミャンマー日本大使館のビザ申請書(情報を記入し、2部記入してください)

(2)COE申請時に残り約2枚

(3)居住許可証(COE)(2部コピー)

(4)パスポート(2部コピー)

(5)市民登録番号(2部コピー、メモを翻訳する必要はありません)

(6)世帯リスト(2部コピー、メモの翻訳は不要)

(7)お金(30,000から50,000)

申請を完了するには、会社からどのような情報を知る必要がありますか?

ミャンマーの日本大使館でビザ申請書に記入するには、会社に次の情報を要求する必要があります。

(1)日本到着時に住む住所

(2)勤務する会社の完全な住所、電話番号

(3)[招待者]フィールドと[保証者]フィールドに入力する雇用主の名前、生年月日完全な住所を尋ねます。また、招待者と保証人の代わりに雇用主と同じ情報を入力すると便利です。

(4)ミャンマーからの航空券(コピーをご持参ください)

すべての情報を入手したら、ミャンマーの日本大使館でビザを申請できます。大使館に入るときは、早朝に起きて、キューシステムでチケットを予約してください。壁に示されている順序で申請書類を整理します。申請段階で問題がなければ、ビザのスケジュールを変更する必要があります。少なくとも3日おきに予約してください。ビザの発行時間は通常夕方です。

宜しくお願い致します。

ブリストックチーム